災害時にも役に立つ

災害時も使えるってホント?

飲料用やお料理用として、また赤ちゃんのミルク等、様々な用途で使われている家庭用ウォーターサーバー。近年は、設置しているお宅も珍しくなくなってきましたね。
ウォーターサーバーは、お湯と水の二種類が出るようになっている機械が多いです。水を冷やす、お湯を温める、このどちらにも電気が使われています。そのため停電時は使えなくなる、と考える方も多いのではないでしょうか。確かに、停電すると冷たいお水や温かいお湯は出すことが出来なくなります。しかし機械から水(もしくはお湯)を出す動作に電気を使用していない機械もあるので、そういった機械の場合、常温の水を出すことは可能なのです。停電がおきるような災害の場合、水も止まってしまうことが考えられます。そのときは常温でも水が得られるのはとても助かりますね。

ボトルに入ったお水の活用

ウォーターサーバーのボトルは、何本かまとめて自宅においていることが多いです。これは備蓄水として利用することも可能です。ただ、このボトルは基本的には機械に設置しないと水が出せないようになっています。自宅で、サーバーの機械があるところにいるうちは良いですが、避難場所に持って行くとなるとかなり頑丈なキャップをなんとかして外すという作業が必要になります。
また、このボトルはメーカーによって様々ですが、結構な重量なことが多いです。ボトルの持ち運びが大変ですが、一つあれば飲料用として家族一日分を確保できるのはかなり助かるでしょう。水は飲料だけでなく傷の消毒であったり、排泄など様々なことに利用できますね。ただ、飲料用として使用する場合は開封後に早めに飲みきることだけは気をつけましょう。

ウォーターサーバーの値段は、一人暮らしであれば3000円程かかります。内訳として、水の料金が2000円程、電気代が1000円程です。サーバー代や送料は、無料の会社が多いです。