ペットボトルとの違い

美味しい水を好きな時に楽しめるサーバーを置くメリット

ウォーターサーバーはミネラルウォーターを一定の温度で保管出来る他、好きな時に手軽に飲むことが出来るのが特徴です。温度調節が出来るので、冷水だけではなく温水も使えるメリットがあります。また、ウォーターサーバーはリース会社から設備を借りて使うスタイルが主流なので、メンテナンスや水の補充に関する作業は業者に任せることが出来ます。市販のペットボトル入りのミネラルウォーターのように自分で持ち運ぶ必要が無いので、高齢者や近隣に商店が無い地域に居住する人に最適です。近年のサーバーは節電機能が付いている物が多いので、維持コストの削減を図ることも出来ます。水入りタンクのサイズも複数から選択出来るので、世帯の人数ごとに最適な物を使えます。

ペットボトル入りの水には無い利点の詳細

市販のペットボトル入りのミネラルウォーターは一本でも重量があるので、高齢者には持ち運びが難しい問題があります。また、店頭販売の商品は品切れになることもあるため、欲しい分だけの水を確保出来ない可能性があります。ウォーターサーバーであれば定期的に水入りタンクの交換を行うために業者が訪問するので、水を切らしてしまう心配がありません。高齢者が住む世帯では業者の訪問で安否確認を兼ねることも出来ます。また、使用済みのペットボトルはごみになってしまうので廃棄する手間がかかります。その一方でウォーターサーバーは空きタンクを業者が回収するので、ごみの発生に悩まずに済みます。
美味しい水を切らさず、ごみの発生も大きく減らせるのが市販のペットボトルには無い利点でしょう。