お水のボトルタイプから選ぶ

「使い捨てタイプ」と「回収タイプ」

ウォーターサーバーを選ぶときに考えることのひとつに、どのような種類の容器にするか、があると思います。
ウォーターサーバーには二種類のボトルタイプがあります。お水がなくなったらその都度容器を捨てる「ワンウェイボトル」と、メーカーによる回収を待つ「リターナブルボトル」です。使い捨てタイプのボトルには、空の容器をつぶしてペットボトルと同じように捨てられるという気軽さや、新しい容器に入ったお水は新鮮さが際立ちます。回収タイプのボトルにはゴミを減らして環境にやさしい暮らしをしているという安心感があるかもしれません。どちらのボトルタイプにするか迷ったときに検討する主なポイントは、空ボトルの保管スペースと、ウォーターサーバーの維持費です。

ボトルタイプは「保管スペース」と「ご予算」から選ぶ

暮らしにウォーターサーバーを取り入れると、補充用のお水が入ったボトルと空になったボトルを置いておく場所が必要となります。使い捨てタイプのボトルの場合、空ボトルをつぶして保管できます。けれども使い捨てタイプのボトルが梱包されているダンボールはゴミになりますし、古紙回収日までそのダンボールで場所がとられているという印象を持つ方もいるかもしれません。一方、回収タイプのボトルの場合、空ボトルの保管場所がいりますが、新しいお水が入ったボトルを補充して、空いたスペースに空ボトルを置くので、補充ボトルの保管スペースさえ確保しておけば問題ありません。保管スペースに対する感覚には個人差があるかもしれませんが、維持費用からすると、回収タイプのボトルの方がお得です。ボトルタイプは、生活空間やスタイルに合わせて選ぶことができます。