安全でおいしいお水

品質管理が徹底された安心安全な水

日本の水道水は基準が整っており、水道をひねれば十分安全な水を飲むことができます。しかし、水道水であっても、塩素の残留や水道設備の環境によって、品質の低下が気になることもあるでしょう。
より安全でおいしい水を飲む方法として、ウォーターサーバーの利用があげられます。ウォーターサーバーに使われる水は、各社とも採水地を厳選し、品質管理を徹底している水なので、安心して飲むことができます。塩素消毒などの化学処理が行われないので、水道水のようなカルキ臭がありません。これは、ウォーターサーバーの大きなメリットともいえます。もし、放射能汚染などが心配な場合は、各メーカーのホームページに放射能検査結果などの情報が掲載されています。

各家庭に合った、おいしい水選び

ウォーターサーバーで使われる水には、2種類あります。ひとつ目は、天然のミネラルが溶け込んでいるナチュラルミネラルウォーター。もう1つは、不純物をしっかり取り除いた無機質のピュアウォーター(RO水ともいう)です。
ナチュラルミネラルウォーターについては、各メーカーによって、水の採水地が異なり、その土地によって含まれるミネラルの種類や含有量が異なります。それに伴って、飲んだときの味や口当たりなども変わってきます。
一方、ピュアウォーターは、RO膜を通して、不純物やミネラルを取り除きます。余計なものが入っていないので、赤ちゃんのミルクを作るのに適しています。
各メーカーによってさまざまな水が提供されているので、自分の好みに合った、安心でおいしい水を選びましょう。